九九の答えが36種類であることの証明

まず、九九に現れる式に使われる数字の組み合わせの数を数えます。 計算式を m * n とすると mは1~9、 nは1~9 です。 そうすると、 mとnが異なるときに使われる数字の組み合わせ は、1~9から2つの数字を選ぶ組み合わせなので 9C2 = (9 * 8) / (2 * 1) = 36 通り …… ① となりま…