読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くんすとの備忘録

プログラミングや環境設定の覚え書き。

システムアーキテクト試験(SA)の勉強メモ

前置き

……明日試験ですよ奥さん!

というわけで、前回(http://kunst1080.hatenablog.com/entry/2013/04/20/222703)と同様、突貫でお勉強なのです。

試験範囲

  • Level4
    • システム開発技術
    • システム企画
  • Level3
    • コンピュータ構成要素
    • システム構成要素
    • データベース
    • ネットワーク
    • セキュリティ
    • ソフトウェア開発管理技術
    • システム戦略

※Level4…高度、Level3…応用情報レベル

情報セキュリティスペシャリスト(SC)との比較

前回との比較として。

  • SA only
    • コンピュータ構成要素(Lv3)
    • システム構成要素(Lv3)
    • システム戦略(Lv3)
    • システム企画(Lv4)
  • 難易度アップ
    • システム開発技術(Lv3 -> Lv4)

※レベルダウンは無視

対策概要

過去問をみてみるテスト

自信のないところだけやる

  • 応用情報のテキストから、以下のところを復習。
    • プロセッサ
    • メモリ
    • バス
    • 入出力デバイス
    • 入出力装置
    • システム戦略
    • システム企画



受験後の追記(10/20)

結果予想

午前は大丈夫だったけど午後はダメっぽい感じ。
あと、字書きすぎて手首痛い。

感想と反省と次回に向けて。

午前Ⅱ

内容・感想

レベルは、応用情報技術者試験や日経SYSTEMSと同じくらい。
普通に生活してれば問題ないレベル。

次回への対策

次回に向けての対策は必要ないと思われ。

午後Ⅰ

内容・感想

なんというか、45分間で基本設計のレビューをするような感じで、エキサイティングだった。
(時間足りなかった…)
こちらも日経SYSTEMSくらいのレベル。ちゃんと業務やってれば大丈夫。
普段の業務では作らないようなかっちりした設計書だったので、問題文を読むだけでも勉強になる。

次回への対策

解答時間に気をつけよう。
勉強はいらないかもだけど、過去問を解いて解答スピード早くできるようにしなきゃ。

午後Ⅱ

内容・感想

解答用紙?っていうか原稿用紙じゃんそれ!っていうカルチャーショック。
これは本当に、アーキテクトとしてちゃんと仕事してますか?っていうことを問われる設問だったように思う。
アーキテクトとして仕事をしていれば普通に書けば済むし、そうでなければ何も書けない。みたいな。
微妙な解答しか書けなかったということは、自分はまだアーキテクトとして仕事ができていなかったということでしょう。
(肩書は只のPGだけど)

次回への対策

アーキテクトならどうするか?ということを意識して普段の業務を行う。
それがちゃんとできてれば普通に合格できる内容。


特別な勉強はいらないっぽい。
お仕事本気で頑張りなさいよ、といったところで。



私に足りないもの、それはすなわち速さだ。

広告