読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くんすとの備忘録

プログラミングや環境設定の覚え書き。

Play Framework2 on JavaをJenkins.warとGitでCIする その②(Git準備編)

Java Play Framerowk CentOS

※もくじはこちら

概要

CentOS上に、Play Framework2 on JavaのCI環境を構築していきます。
長くなるので分割で。

登場人物

  • Play Framework 2.2
  • Jenkins(Jenkins.war)
  • Git
  • CentOS 6.4 i386

手順その②:Gitの準備

Gitのインストール

管理者で

root$ yum -y install git

Gitリポジトリの作成

gituserで、ベアリポジトリを作成。

gituser$ cd
gituser$ git init --bare playapp.git

ciuserからGitリポジトリへのアクセス設定

  • Gitクライアント設定
ciuser$ git config --global user.email ciuser@example.com
ciuser$ git config --global user.name "ciuser"
  • sshの秘密鍵・公開鍵を生成
ciuser$ cd
ciuser$ mkdir ~/.ssh
ciuser$ chmod 700 ~/.ssh
ciuser$ ssh-keygen -t rsa

パスフレーズなしで作成すること!

  • 公開鍵のコピー

作成した公開鍵を /home/gituser/.ssh へコピーし、権限設定

root$ mkdir  /home/gituser/.ssh/
root$ cp /home/ciuser/.ssh/id_rsa.pub /home/gituser/.ssh/authorized_keys
root$ chown -R gituser:gituser /home/gituser/.ssh/
ciuser$ chmod 600 /home/gituser/.ssh/authorized_keys
ciuser$ chmod 700 /home/gituser/.ssh

ciuserからgitリポジトリへの接続確認

ciuser$ git clone ssh://gituser@localhost/home/gituser/playapp.git


次回へ続く

広告