くんすとの備忘録

プログラミングや環境設定の覚え書き。

Play Framework2 on JavaをJenkins.warとGitでCIする その③(Play環境準備編)

※もくじはこちら

概要

CentOS上に、Play Framework2 on JavaのCI環境を構築していきます。
長くなるので分割で。

登場人物

  • Play Framework 2.2
  • Jenkins(Jenkins.war)
  • Git
  • CentOS 6.4 i386

手順その③:Play環境の準備

Javacとその他のインストール

管理者で

root$ yum -y install java-1.6.0-openjdk-devel
root$ yum -y install wget
root$ yum -y install unzip

Javaのバージョンはおこのみで。

Play Frameworkのコンパイル環境をセットアップ

ciuserで

ciuser$ cd
ciuser$ mkdir -p local/bin
ciuser$ vi .bashrc
# 後ろの方に記述
export PATH=$PATH:$HOME/local/bin
ciuser$ source .bashrc
  • Playのダウンロード
ciuser$ cd /tmp
ciuser$ wget http://downloads.typesafe.com/play/2.2.0/play-2.2.0.zip
  • Playの解凍と配置
ciuser$ cd ~/local
ciuser$ unzip /tmp/play-2.2.0.zip 
ciuser$ chmod +x play-2.2.0/play
ciuser$ cd ~/local/bin
ciuser$ ln -s ~/local/play-2.2.0/play play
  • Playの起動確認
ciuser$ cd
ciuser$ play

→ playのAAが表示される


 
つづく

広告