読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くんすとの備忘録

プログラミングや環境設定の覚え書き。

Play Framework2 on JavaをJenkins.warとGitでCIする その⑥(Jenkins設定編・本番デプロイ)

Java Play Framerowk CentOS

※もくじはこちら

概要

CentOS上に、Play Framework2 on JavaのCI環境を構築していきます。
長くなるので分割で。

登場人物

  • Play Framework 2.2
  • Jenkins(Jenkins.war)
  • Git
  • CentOS 6.4 i386

手順その⑥:Jenkinsの設定・本番デプロイ

本番デプロイジョブの作成

  • ジョブ名
    • playapp-production-deploy
  • ビルド
    • シェルの実行
SOURCE=playapp.master@localhost
DIST=playapp@localhost
PACKAGE=playapp-1.0-SNAPSHOT
PACKAGEZIP=${PACKAGE}.zip

scp ${SOURCE}:${PACKAGEZIP} .
scp ${PACKAGEZIP}} ${DIST}:

ssh ${DIST} unzip -o ${PACKAGEZIP}
ssh ${DIST} bash -v stop-play.sh
ssh ${DIST} rm -fR deploy
ssh ${DIST} mv ${PACKAGE} deploy
ssh ${DIST} bash -v start-play.sh

ひとまずテスト系デプロイとほぼ同様の手順。
playappに転送したzipファイルを本番環境にデプロイする、という手順にしてみた。

広告