読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くんすとの備忘録

プログラミングや環境設定の覚え書き。

【FreeBSD】Jail環境でXを動かす

FreeBSD Jail X Window System

X Window System使いこなせないヘタレがWindows7上でxtermを呼び出すまで

手順

FreeBSD側の準備

FreeBSD 10.0-RELEASEのJail環境にて。

  • パッケージのインストール
pkg install xorg
  • sshdの設定ファイルを修正
X11Forwarding yes
X11DisplayOffset 10
X11UseLocalhost no

Windows側の準備(Xtermを使用する)

  • xmingをインストール
    • puttyはおこのみで。自分はputtyを既に使用してたので入れなかった
  • pageantの起動
  • Xmingで繋げる前に一度puttyで繋げておく(これ大事!)
  • XLaunch設定
    • Multiple Windows
    • Start Program
    • xterm
      • Connect to computerにJail環境へのIPかホスト名
      • Login as userにログインユーザ名
      • Passwordは空白(pageantを使用するため)
    • Additional parameters for PUTTY or SSH
      • sshdのポートが22以外の場合は「-P ポート番号」を記入

これで白い窓が出るはず。

Xmingデバッグをしたい場合、Additional parameters for Xmingに「-logfile xming.log -logverbose 3」を記入

デスクトップ汚いお・・・っていうとき

  • デスクトップを右クリック→「表示」→「デスクトップのアイコンを表示」のチェックを外す


本当はssh経由でXDMCPしてtwmを使いたかったんだけど、SSH越しにやる方法がわからぬ・・・

広告