くんすとの備忘録

プログラミングや環境設定の覚え書き。

ddコマンドでアルファベットを大文字にしたり小文字にしたりする

ddコマンドには「conv」というオプションがあり、これを使うと色々と面白い変換ができます。

指定できるのは、manより

  • ascii, oldascii
  • block
  • ebcdic, ibm, oldebcdic, oldibm
  • lcase
  • pareven, parnone, parodd, parset
  • noerror
  • notrunc
  • osync
  • sparse
  • swab
  • sync
  • ucase
  • unblock

ワクワクしますね!!


この内、「lcase」「ucase」を使用することで、大文字を小文字にしたり、小文字を大文字にしたり出来ます。
※全角文字は化けます

元データ

% uname -a
FreeBSD jail.develop1 10.0-RELEASE FreeBSD 10.0-RELEASE #0 r260789: Fri Jan 17 01:46:25 UTC 2014     root@snap.freebsd.org:/usr/obj/usr/src/sys/GENERIC  i386

lcase指定(小文字にする)

% uname -a | dd conv=lcase
freebsd jail.develop1 10.0-release freebsd 10.0-release #0 r260789: fri jan 17 01:46:25 utc 2014     root@snap.freebsd.org:/usr/obj/usr/src/sys/generic  i386
0+1 records in
0+1 records out
158 bytes transferred in 0.000069 secs (2293080 bytes/sec)

ucase指定(大文字にする)

% uname -a | dd conv=ucase
FREEBSD JAIL.DEVELOP1 10.0-RELEASE FREEBSD 10.0-RELEASE #0 R260789: FRI JAN 17 01:46:25 UTC 2014     ROOT@SNAP.FREEBSD.ORG:/USR/OBJ/USR/SRC/SYS/GENERIC  I386
0+1 records in
0+1 records out
158 bytes transferred in 0.000099 secs (1596868 bytes/sec)

広告