くんすとの備忘録

プログラミングや環境設定の覚え書き。

ArchLinuxをインストールしてみた手順

VMWare Playerの仮想マシンにArchLinuxをインストールしてみました。

参考

Installation GuideとBeginners' Guideを参考にして進めます

手順の概要

1. keymapの設定
2. HDDのパーティショニングとフォーマット
3. マウント
4. NIC設定
5. ベースシステムのインストール
6. fstabとかetcとか整備
7. ブートローダーのインストール
8. アンマウントしてリブート


1. keymapの設定

確認して

localectl list-keymaps | grep jp

設定

loadkeys jp106

2. HDDのパーティショニングとフォーマット

Beginners' Guide (日本語) - ArchWiki
をよく読みつつ・・・

構成

  • sda1 … / (8GB、Btrfs)
  • sda2 … swap(2GB)

GPTパーティションの作成

cgdisk /dev/sda

ガイドに沿ってパーティションを上記の通りに作成

ファイルシステムのフォーマット

sda1をBtrfsにフォーマットします

mkfs.btrfs /dev/sda1

swapパーティションのフォーマット

mkswap /dev/sda2
swapon /dev/sda2

3. マウント

mount /dev/sda1 /mnt

4. NIC設定

デフォルトでDHCPが動いてるみたい。

ifconfig
ping www.google.co.jp

とりあえず設定はそのまま


5. ベースシステムのインストール

ミラーの選択

Japanの行を先頭に持ってきます。

vi /etc/pacman.d/mirrorlist

ベースシステムのインストール

pacstrap -i /mnt base base-devel

6. fstabとかetcとか整備

fstabの作成

genfstab -p /mnt >> /mnt/etc/fstab

/mntを/へchroot

arch-chroot /mnt

ホスト名の設定

echo Sweelinck >> /etc/hostname

タイムゾーン設定

シンボリックリンクを作成

ln -s /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime

ロケール設定

使用するロケールコメントアウト解除

vi /etc/locale.gen

ロケールの作成

locale-gen

ロケールの設定

echo LANG=en_US.UTF-8 >> /etc/locale.conf

コンソールキーマップとフォントの設定

echo KEYMAP=jp106 >> /etc/vconsole.conf

rootパスワードの設定

paswd

7. ブートローダーのインストール

Syslinuxを入れる。

パーティションテーブルにGPTを使用している場合はgptfdiskも入れる。

pacman -S gptfdisk
pacman -S syslinux

ブートローダーのセットアップ

syslinux-install_update -iam

Syslinuxの設定

rootパーティションを/dev/sda1に設定する

sed -i 's%root=/dev/sda.%root=/dev/sda[0-9]%g' /boot/syslinux/syslinux.cfg

8. アンマウントしてリブート

exit
umount -R /mnt
reboot

とりあえず、最小限のセットアップはここまで。


試験前日に何やってるんですかね・・・

広告