読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くんすとの備忘録

プログラミングや環境設定の覚え書き。

【FreeBSD】MATEを起動したら「mate-power-manager.core」を吐く件

% mate-power-manager --version
Version 1.8.1

で、mate-sessionを起動すると$HOME/mate-power-manager.core ができています。

同じような現象の方が大勢いらっしゃるようで。
(https://bugs.freebsd.org/bugzilla/show_bug.cgi?id=193942 とか)
sysutils/mate-power-managerのバグなんでしょうか?


ひとまずmate-power-managerはなくても構わないので、メニューの
「システム」→「設定」→「自動起動するアプリ」から『電源の管理』を外すことで対処しました。

※同時に『スクリーンセーバー』もoffになり、コンピュータのロックができなくなります
※自分は仮想マシン上で使用しているので影響なしなんですけども

広告