くんすとの備忘録

プログラミングや環境設定の覚え書き。

MSYS2環境に無理やりgiter8を突っ込んだ

普通にインストールしても入らなかったので、メモ。

※途中いろいろダメだったけどよく覚えてないので結果だけ書く。

手順

1. sbtのインストール

これはchocolateyから。

cinst jdk8
cinst sbt

2. winptyを使ってsbtするようにエイリアス設定

.profileにても。

alias sbt='winpty sbt.bat'

3. giter8のlaunchconfigをダウンロード

mkdir -p ~/.conscript/n8han/giter8/g8
cd ~/.conscript/n8han/giter8/g8
curl -L -O https://raw.githubusercontent.com/n8han/giter8/0.6.9/src/main/conscript/g8/launchconfig

4. launchconfigの編集

launchconfigに、以下の2行を追加

[boot]
  directory: /C:/Users/kunst/.conscript/boot

※conscriptのテンポラリファイルを起きたい場所を、Windowsの書き方で適当に指定

5. g8スクリプトの作成

bin/g8 にても。

#!/bin/sh
sbt "@file:///C:/usr/home/.conscript/n8han/giter8/g8/launchconfig" $*

※$HOMEが/c/usr/homeの場合
※③で用意した「launchconfig」の絶対パスを、Windowsの書き方で指定。

6. ついでにPATH設定を.profileに

PATH=$PATH:~/bin

7. できあがり。

g8 typesafehub/scala-sbt

広告