読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くんすとの備忘録

プログラミングや環境設定の覚え書き。

Bash on Ubuntu on WindowsにArchLinuxをセットアップする

Windows Linux WSL ArchLinux

Bash on Ubuntu on Windows(Windows Subsystem for Linux)上に、ArchLinuxをセットアップしました。

手順

1. 必要なパッケージのインストール

Bash on Ubuntu on Windows(以降はBoWと記載)上で、作業に必要なソフトウェアを先にインストールしておきます。
※BoW上での作業はすべてrootユーザで行います。

apt-get install -y squashfs-tools p7zip-full

2. ArchLinuxのISOを取得

好きなミラーサイトからArchLinuxのISOを取得します。

wget http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/ArchLinux/iso/2016.08.01/archlinux-2016.08.01-dual.iso

3. ArchLinuxのISOからairootfs.sfsを抽出

isoを展開してairootfs.sfsを取り出します。

7z x archlinux-*-dual.iso
cp arch/x86_64/airootfs.sfs .

4. airootfs.sfsを展開

unsquashfsコマンドを使用してairootfs.sfsを展開します。

unsquashfs airootfs.sfs

一部展開に失敗するファイルがありますが、気にせず続けます。 f:id:kunst1080:20160825234414p:plain

5. 「4.」で作成されたsquashfs-rootをrootfs化

BoWのウィンドウを全て閉じます。
WindowsのExplorerで、「4.」で作成されたsquashfs-rootをBoW環境のルートへ移動させます。

  • BoW環境のルート - %USERPROFILE%\AppData\Local\lxss\
  • squashfs-rootの場所 - %USERPROFILE%\AppData\Local\lxss\root\squashfs-root

f:id:kunst1080:20160825234425p:plain

6. rootfsフォルダを退避し、squashfs-rootフォルダをrootfsフォルダにすり替え

f:id:kunst1080:20160825234434p:plain

7. BoWを起動

ArchLinuxになっている!! f:id:kunst1080:20160825234445p:plain

8. pacmanの初期設定と動作確認

pacman-key --init
pacman-key --populate archlinux
pacman -Syy
pacman -S git

f:id:kunst1080:20160825234453p:plain f:id:kunst1080:20160825234504p:plain pacman -Sでエラーは出ていますが(chrootかな?)、gitコマンドは使えるようになったので、一応インストールはできている模様。

以上!!

参考URL

広告