くんすとの備忘録

プログラミングや環境設定の覚え書き。

KUSANAGIのインスタンスをConohaにVagrantを使ってセットアップする方法

この記事は特に何かのアドベントカレンダーというわけではありません。

以前、vagrantを使ってConohaを操作する記事を書いた(「Conohaへ(ほぼ)CLIだけでCoreOSのインスタンスをセットアップしてみた - くんすとの備忘録」)のですが、その時やれそうな予感がしたのでやってみました。

準備物

  • 契約済みのConohaアカウント
  • Vagrantコマンド

環境変数の設定とvagrant-conohaのインストール

前回の記事と同じですが。

環境変数の設定

export OS_USERNAME=[APIユーザ名]
export OS_PASSWORD=[APIパスワード]
export OS_TENANT_NAME=[テナント名]
export OS_AUTH_URL=[Identity Endpoint]
export OS_REGION=[リージョン]
export OS_ADMIN_PASSWORD=[Adminパスワード]

vagrant-conohaのインストール

$ vagrant plugin install vagrant-conoha

インスタンスの作成

さっそくvagrantでインスタンスを作成します。

KUSANAGIのイメージ名を確認

$ vagrant openstack image-list | grep -i kusanagi

出力結果

| c03ec927-88d0-41c1-8e64-e9e7029d7e59 | vmi-wordpress-kusanagi-centos-7.2-20gb    | public     | 2534      | 0            | 20            |
| 88503ca6-5d0f-454e-9b51-2e42d72d7d09 | vmi-wordpress-kusanagi-centos-7.2         | public     | 3260      | 0            | 50            |

Vagrantfile

VAGRANTFILE_API_VERSION = "2"

Vagrant.configure(VAGRANTFILE_API_VERSION) do |config|
  config.vm.box       = 'conoha'
  config.ssh.username = 'root'
  config.ssh.pty      = true

  # disable rsync
  config.vm.synced_folder ".", "/vagrant", disabled: true

  config.vm.provider :conoha do |conoha|
    conoha.openstack_auth_url = 'https://identity.tyo1.conoha.io/v2.0'

    conoha.username           = ENV["OS_USERNAME"]
    conoha.password           = ENV["OS_PASSWORD"]
    conoha.tenant_name        = ENV["OS_TENANT_NAME"]

    conoha.flavor             = 'g-1gb'
    conoha.image              = 'vmi-wordpress-kusanagi-centos-7.2'
    conoha.region             = ENV["OS_REGION"]
    conoha.admin_pass         = ENV["OS_ADMIN_PASSWORD"]
    conoha.metadata           = {
      instance_name_tag: "vagrant_kusanagi"
    }
    conoha.security_groups    = [
      "default",
      "gncs-ipv4-all"
    ]
  end
end

生成&起動!

$ vagrant up

SSHして確認

$ vagrant ssh

確認

なるほどこれがKUSANAGIッ!!

f:id:kunst1080:20161205182859p:plain

削除(解約)

$ vagrant destroy

いじょう!

参考URL

広告