読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くんすとの備忘録

プログラミングや環境設定の覚え書き。

情報処理安全確保支援士に申し込みました

情報処理安全確保支援士に申し込みました。 www.ipa.go.jp

その時の記録。

※情報が間違ってたり途中で変わったりする可能性があるので、登録をする人はちゃんと公式HPを見てね。これは、自分のときはこうだったよ~っていう記録ね。

準備物

登録料の支払い

  • 登録免許税
    • 9,000円(収入印紙)
    • 収入印紙を申請書に貼り付ける
    • 法務局に行ったついでに購入
  • 登録手数料
    • 10,700円(振込み)
    • ネットから銀行振込して、その結果画面を印刷して申請書類に同封

役所から取得したもの

  • 登記されていないことの証明書
    • 法務局で取得
    • ややこしいけど、「登記されていないことの証明書」って言う名前の証明書がある
    • 法務局の「本局」でしか取り扱ってない
    • 本籍地とか関係ないのでどこでもいい
  • 身分証明書
    • 本籍地の役場で取得
  • 住民票の写し
    • 大阪市民なので、サービスカウンターで取得

IPAのサイトから印刷したもの

  • 登録申請書
    • 要: Adobe Acrobat Reader DC (項目の入力とQRコードの生成で使用)
      • Google ChromeやFireFoxのPDFリーダーではちゃんと動かなかったorz
      • 情報セキュリティの資格なのにこんな危険なソフトを使わせるのは如何なものか
        • 使い終わったのでアンインストールした
  • 誓約書
  • 登録事項等公開届出書
    • 勤務先の情報 以外 はフルオープンにしときました
      • 変わったとき面倒だし…
    • 登録番号、登録年月日、試験合格の年月、講習の修了年月日、氏名、生年月日の年月、試験合格の合格番号、居住都道府県
  • 登録申請チェックリスト
    • チェックリストかぁ……(非常に有用だけれども……)

その他

  • 支援士試験等の合格証書のコピー
    • 2013年春に取得した「情報セキュリティスペシャリスト試験」の合格証書をコピー

登録タイミングについて

年に2回しか登録できません。注意!!

  • 上期・・・10/1
    • 申請の受付期限:7/31(当日消印有効)
  • 下期・・・4/1
    • 申請の受付期限:1/31(当日消印有効)

コスト見積もり

明細

登録料 ※初回のみ

  • 登録免許税: 9,000円
  • 登録手数料: 10,700円 + 振込手数料 210円

証明書類 ※初回のみ

  • 登記されていないことの証明書: 300円
  • 身分証明書: 300円
  • 住民票の写し: 300円

送料 ※初回のみ

  • 送料: 82円
  • 簡易書留: 310円

講習 ※毎年

  • オンライン講習: 20,000円 ※毎年、6時間
  • 集合講習: 80,000円 ※3年に1回、6時間
    • 試験合格から3年以上経っている場合は初年度に受講が必要

合計

集計

  • 申請にかかる費用: 21,202円
  • 3年間の講習費用: 140,000円

3年ごとの月割計算

  • 1~3年目
    • 合計: 161,202円 (21,202円 + 140,000円)
    • 月割: 4,478円
  • 3年目以降
    • 合計: 140,000円
    • 月割: 3,889円

申請するに至った経緯(ざっくり)

上司「情報セキュリティスペシャリスト(SC)の試験廃止になったから、資格手当なくします」
ぼく「ファッ!?」
上司「代わりに情報処理安全確保支援士取ったら出します」
ぼく「登録料は会社から出る?」
上司「出ません」
ぼく「👎👎👎」

まとめ

実質月額5,000円弱の保守コストが発生👎

宛先が長すぎて腱鞘炎になりそう👎

広告