くんすとの備忘録

プログラミングや環境設定の覚え書き。

Bash on Ubuntu on WindowsでMastodonを動かす方法

Bash on Ubuntu on WindowsでMastodonを動かします。

Mastodonを動かすついでにRedisとPostgreSQLも動かすので、興味のある方は是非読んでみて下さい。

セットアップ

セットアップの手順については、公式のドキュメント(Production guide)1を参考にします。

必要なパッケージのインストール

$ sudo apt-get install imagemagick ffmpeg libpq-dev libxml2-dev libxslt1-dev file git curl

Node.jsのインストール

$ wget https://deb.nodesource.com/setup_7.x
$ sudo bash setup_7.x
$ sudo apt-get install nodejs
$ sudo npm install -g yarn

Redisのインストール

$ sudo apt-get install redis-server redis-tools

PostgreSQLのインストールとDBの設定

パッケージのインストール

$ sudo apt-get install postgresql postgresql-contrib

設定のためにサービスを起動

$ sudo service postgresql start

データベースの設定

$ sudo su - postgres
$ psql
$ CREATE USER mastodon CREATEDB;
$ \q

(このタイミングで一度、適当なSQLクライアントで接続確認をしておくと安心です)

サービスの停止

$ sudo service postgresql stop

Rbenv

mastodon ユーザになって、rbenvと ruby 2.4.1 をインストールします。

ユーザーの作成

$ useradd -m mastodon
$ sudo su - mastodon
$ echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
$ echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile

mastodonユーザでrbenvのインストール

$ git clone https://github.com/rbenv/rbenv.git ~/.rbenv
$ git clone https://github.com/rbenv/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build
$ source ~/.bash_profile
$ rbenv install 2.4.1

mastodonユーザでmastodonリポジトリの取得

$ git clone https://github.com/tootsuite/mastodon.git live
$ cd live
$ git checkout $(git tag | tail -n 1)

依存パッケージのインストール

$ gem install bundler
$ bundle install --deployment --without development test
$ yarn install --pure-lockfile

設定ファイルの編集

設定用シークレットキーの生成

$ rake secret
$ rake secret
$ rake secret

設定ファイルの書き換え

$ cp .env.production.sample .env.production
$ vim .env.production

書き換えた項目は以下の分だけです。 (今回は手元で動かすだけなので、メールの設定などは省略)

REDIS_HOST=localhost
DB_HOST=localhost
LOCAL_DOMAIN=localhost
LOCAL_HTTPS=false
PAPERCLIP_SECRET=<rake secretで生成したシークレットキーの値>
SECRET_KEY_BASE=<rake secretで生成したシークレットキーの値>
OTP_SECRET=<rake secretで生成したシークレットキーの値>

データベースの初期化

$ RAILS_ENV=production bundle exec rails db:setup

アセットのプリコンパイル

$ RAILS_ENV=production bundle exec rails assets:precompile

サービス起動スクリプトの作成

公式ドキュメントではmastodonの各種サービスは systemd を使って動かすようになっています。しかしながら、BoWでは systemd が使用できません。
(おそらく、systemdで利用しているudevが、devtmpfs未実装のために動かないため?)
systemd が使えないので、代わりに普通の起動スクリプトを作成します。

mastodon-web.sh

#!/bin/bash

user="mastodon"
working_directory="/home/mastodon/live"
environment="RAILS_ENV=production PORT=3000"
exec_start="/home/mastodon/.rbenv/shims/bundle exec puma -C config/puma.rb"

sudo -i -u $user sh -c "cd $working_directory && $environment $exec_start"

mastodon-sidekiq.sh

#!/bin/bash

user=mastodon
working_directory=/home/mastodon/live
environment="RAILS_ENV=production DB_POOL=5"
exec_start="/home/mastodon/.rbenv/shims/bundle exec sidekiq -c 5 -q default -q mailers -q pull -q push"

sudo -i -u $user sh -c "cd $working_directory && $environment $exec_start"

mastodon-streaming.sh

#!/bin/bash

user=mastodon
working_directory="/home/mastodon/live"
environment="NODE_ENV=production PORT=4000"
exec_start="/usr/bin/npm run start"

sudo -i -u $user sh -c "cd $working_directory && $environment $exec_start"

アカウントを承認するコマンドの準備

今回はメールの設定をしないため、アカウントを承認するためにコマンドを実行する必要があります。ユーザーを切り替えたりすると面倒なので、起動スクリプトと同様、シェルスクリプトにまとめておきます。

confirm.sh

#!/bin/bash

user="mastodon"
working_directory="/home/mastodon/live"
environment="RAILS_ENV=production"
exec_start="/home/mastodon/.rbenv/shims/bundle exec rails mastodon:confirm_email USER_EMAIL=$1"

sudo -i -u $user sh -c "cd $working_directory && $environment $exec_start"

mastodonの起動

準備ができたので、サービスを順番に立ち上げていきます。

Redis

$ sudo service redis-server start

PostgreSQL

$ sudo service postgresql start

Mastodon (ターミナルを3枚開き、それぞれで起動すると挙動が見えて面白いです)

$ sudo ./mastodon-web.sh &
$ sudo ./mastodon-streaming.sh &
$ sudo ./mastodon-sidekiq.sh &

注意: ターミナルを全て閉じるとサービスが停止してしまうため、最低1枚はBoWの画面を開いておいて下さい

表示確認

http://localhost:3000 へアクセスすると、おなじみのmastodonのサインアップ画面が表示されます。

f:id:kunst1080:20170526211146p:plain

アカウント登録の後、アカウントを承認するコマンドで承認します。(インスタンスは立ち上げたままで大丈夫)

$ sudo ./confirm.sh <登録したメールアドレス>

これでログインできるようになりました。
ログイン後、サムネイル画像を設定したりトゥート!してみた後の画像はこちらです。

f:id:kunst1080:20170526211204p:plain

以上、こんな感じでした。

参考URL

広告