くんすとの備忘録

プログラミングや環境設定の覚え書き。

【Ubuntu】CLIでWi-Fi接続する手順

ノートPCが余っていたのでなんとなくUbuntu Serverを入れてみました。

デスクトップ環境のない中、Wi-Fiに繋げたかったのでCLIで頑張りました。 手順を忘れがちなのでメモしておきます。

手順の概要

  1. wpa_passphraseで認証情報ファイルを作成
  2. wpa_suppliucantでデバイスをセットアップ
  3. DHCPでネットワーク接続(dhcpclient)

手順の詳細

1. wpa_passphraseで認証情報ファイルを作成

SSIDとパスフレーズを引数にして wpa_passphrase コマンドを実行します。

$ sudo wpa_passphrase MYSSID passphrase > /etc/wpa_supplicant/example.conf

するとこんな感じのファイルができます。

network={
    ssid="MYSSID"
    #psk="passphrase"
    psk=59e0d07fa4c7741797a4e394f38a5c321e3bed51d54ad5fcbd3f84bc7415d73d
}

2. wpa_suppliucantでデバイスをセットアップ

まずはWi-Fiのデバイスを ip link で調べます。

$ ip link
1: lo: <LOOPBACK,UP,LOWER_UP> mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN mode DEFAULT group default qlen 1000
    link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
2: enp0s25: <BROADCAST,MULTICAST> mtu 1500 qdisc noop state DOWN mode DEFAULT group default qlen 1000
    link/ether e8:9d:87:c9:f1:23 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
3: wlp2s0: <BROADCAST,MULTICAST> mtu 1500 qdisc noop state DOWN mode DEFAULT group default qlen 1000
    link/ether 00:26:b6:f7:c5:0a brd ff:ff:ff:ff:ff:ff

Wi-Fiのデバイス名が wlp2s0 ということがわかりました。「1.」で作成したファイルとともに wpa_supplicant コマンドを実行します。

$ sudo wpa_supplicant -B -i wlp2s0 -c /etc/wpa_supplicant/example.conf
Successfully initialized wpa_supplicant

3. DHCPでネットワーク接続(dhcpclient)

dhcpclient コマンドを使ってDHCPサーバからIPアドレスを自動取得します。

$ sudo dhcpclient wlp2s0

これでネットワークに繋がりました。

参考URL

広告